[ハワイ・プチ・ウェディング]あなたのためのナチュラルハワイウェディング・ハワイ挙式・ビーチウェディングフォト

ハワイウェディングinfo

ハワイウェディングinfo

最新トレンドドレス情報

どんなウェディングドレスを着たいのか、夢や理想はありますか?
ウェディングドレスと言えば、お姫様のようなドレスを思い描いていた子供の頃。
大人になった今はどんなドレスを着たいと思っていますか。
今流行している、人気のドレスをご案内致します。

最新トレンドテーマ

ドレスによって、演出される美しさやイメージが変わってきます。
どんなイメージの、どのようなテーマの結婚式をしたいのかによっても、選ぶウェディングドレスが変わってきます。

ヴィンデージ風ウェディングドレス
ヴィンデージ風ウェディングドレス

2014年のトレンドは、ヴィンテージ風をテーマに取り入れたウェディングドレスです。 特に、1910年代から1930年代にかけて流行したアールデコ調のドレスがトレンドで、羽やクリスタル、大ぶりのビジューなどがバランスよく使われているのが特徴です。

シルエットは、ウェストを強調しないゆったりとしたシルエット。ヘアアクセサリーにも、キラキラしたクリスタルやビジュー、羽を使ったものが多く出回り、華やかでミステリアスな雰囲気を作り上げています。 全面にレースを使った、アンティーク調のドレスも人気です。

カジュアル風ウェディングドレス
カジュアル風ウェディングドレス

今トレンドのガーデニングウェディングや、レストランウェディングで動きやすいドレスが、カジュアル風の短い丈のウェディングドレスです。カジュアルなドレスですが、贅沢にレースを使用し、繊細な花嫁さんの雰囲気を壊しません。ショート丈のウェディングドレスは、元気で明るい雰囲気を与えることが出来ます。

優雅に見せるケープのウェディングドレス
優雅に見せるケープのウェディングドレス

レースなどの装飾をあしらったケープやガウン、ボレロなどを使ったウェディングドレスは、上品で優雅な印象になるトレンドのウェディングドレスです。本来は、服の上からふんわりと羽織る用途のものですが、ドレスの一部のように作られたデザインになっているのが特徴的です。長さも短いものから長いものまで様々なスタイルがあり、デザインのバリエーションが広がります。

正統派ロングスリーブ
正統派ロングスリーブ

イギリスのロイヤルウェディング以降、衰えることなく人気のあるロングスリーブ(長袖のウェディングドレス)。教会で行う挙式は、肌の露出を控えるのが正式です。気品漂うロングスリーブは厳かな雰囲気を作り出します。
ロング丈だけでなく、ハーフ丈やパコダスリーブ(袖の上部が細くなっていて、袖先にかけて広がっているデザイン)など、袖のあるスタイルがトレンドです。

特に、腕が太い方は喜んで選びたくなるデザインですが、二の腕が太い方は袖がパンパンにはり、みっともない印象を与えます。
袖に余裕がないと動きにくいのでおすすめ出来ません。二の腕をカバーしたい方は、キャップスリーブ(肩先が少し隠れる程度のごく短めの袖)やパフスリーブ(袖口や肩先がふくらんだ袖)をおすすめ致します。
レースや透ける素材のロングスリーブも人気ですが、腕のラインが強調されるデザインでもありますので、しっかりと試着をして、トレンドと自分の好み、それに着用したときのシルエットを意識して納得出来るドレスを選ぶようにしましょう。

和風ドレス
和風ドレス

反物や振袖の生地を使用して作る、和装のような和柄の豪華で美しい和風ドレス。
洋装のドレスでの挙式が多いですが、新鮮で目を奪われる存在感のある華やかなドレスはゲストの記憶にも残ります。同柄の髪飾りを着けるとさらに素敵です。

トレンドドレスのこだわり

ウェディングドレスを選ぶ際に、それぞれにこだわりがあります。どんなところにこだわって選ばれているのか、ご紹介致します。


バックスタイル

バックスタイル
ウェディングドレスは、鏡からよく見える正面に意識が向きがちですが、実は教会式などではゲストの皆様に背中を向けている時間の方が長くなります。そのため、見ごたえのある美しいバックスタイルにこだわる女性が増えています。
背中にキラキラと輝くビジューが流れるように施されたドレスは、ゲストの視線を釘付けにします。美しいレースで彩られた背中も素敵です。バックが大きく空いたドレスも注目のトレンドです。



腰周りへのこだわり

腰周りへのこだわり
スタイルを良く見せたい。これは全国の花嫁さんの共通の気持ちではないでしょうか。腰周りにレースやフリルなどの装飾をあしらうと、花嫁さんのスタイルがきれいに見えます。
特に、今人気のトレンドはペムラムです。ペプラムとは、ウェスト部分からフリルなどを使って裾が広がるようにしたスタイルを作ります。フレアが広がるので、ヒップラインをカバーできたり、ウェストが細く見えたりするため、メリハリのある美しいスタイルに見えます。
全体の雰囲気は、ふんわりと、妖精のような可憐でやわらかなデザインのドレスにしたり、腰周りだけフリルで可愛らしくし、そのほかの部分は大人っぽくボリュームを抑え、大人っぽい美しさの中に可愛らしさが表現したりすることも出来ます。
スカートとペプラムの部分を素材の違う生地を組み合わせたドレスは、個性的な雰囲気を強調出来ます。



デコルテの周り

デコルテの周り
デコルテの周りも、ビジューをたくさんあしらったものは華やかになり、トレンド感があります。大きなデリケートな刺繍やレース、美しいモチーフのアップリケ、シースルーの素材などをデコルテ周りに装飾したものも人気があります。